コーギーむぎちゃんしつけ記録~首輪とハーネスどちらがいいのか?~

Pocket

ワンコのおしゃれでもあり、散歩のための必需品といえば、首輪やハーネスです。外で散歩しているワンコたちを見ていると、実に多種多様であり、どっちがいいのかよくわかないです。それぞれに、メリットやデメリットがあるので、目的に合わせて選んでいきたいです。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

結論としてはどちらでもいい

首輪とハーネス、どちらの方が優れているのか、結論としてはどっちもメリットがあり、デメリットがあります。なので、どっちでもいいです。

自分のワンコの性質やしつけの状況はどうなっているので、どっちのメリットを享受したいのかで大きく変わってきます。愛犬のことを理解していることが一番重要ともいえますよね。

しつけの段階で引っ張り癖があった場合、首輪のほうがコントロールしやすい、ハーネスのほうがコントロールしやすいなど、犬の性格も大きく影響します。

一般的な、それぞれのメリットやデメリットを覚えておくと、選ぶ際の参考にすることができるでしょう。

首輪のメリット

首輪のメリットは、手軽さといつでも装着しておけるということです。基本的に首輪は常時装着をしている東方が多いです。そうしておくことで、お散歩のときに、リードをさっとつけるだけですぐにお散歩に出かけることができます。

また、犬鑑札や迷子札などを首輪に着けておけば、万が一の時でも連絡先を確認してもらえることができるでしょう。室内飼いだから、普段は迷子になることはないと思っている方も要注意です。

玄関が開いていて、ちょっとしたすきを見て外に出てしまった、ドッグランの出入り口から出てしまったなどによって迷子になってしまうケースが意外に多いです。

僕の知り合いでも、自宅から脱走してしまい、数日間迷子になってしまった事故が何件かあります。

首輪に連絡先が付いていれば、運よく保護された場合に、相手先から連絡をしてもらえる可能性があるでしょう。それだけ、早く見つかる手立てとなります。

また、お散歩のしつけ面でもメリットがあります。首輪だと飼い主のコントロールが必要な場合に、しっかりと伝えることができます。引っ張り癖を解消するためのしつけを重点的にしたい場合にもおすすめです。

首輪のデメリット

首は犬にとって弱点の一つなので、首に大きな負担がかかることがあるということです。しっかりしつけができており、引っ張り癖がないのであれば、このデメリットは生じません。

ですが、どうしても引っ張り癖を解消できない場合、引っ張られることによって首が圧迫されてしまいます。

むぎちゃんも、引っ張り癖がひどかった場合は、散歩後に白目部分が充血していたことがあったので、首だけではなく目にもよくないと考えられます。

首輪のデメリットで、すっぽ抜けることがあるといわれることがありますが、個人的には適切に装着していれば、そうそう抜けることはないはずです。ハーネスでも、装着が緩いと抜けてしまうので、これはどちらにも該当することでしょう。

ハーネスのメリット

ハーネスは胴体に通すので、引っ張り癖があったとしても、犬への負担は軽いものとなるでしょう。また、老犬やヘルニアを患っているワンコなども、専用のハーネスを装着することで、散歩時の負担を軽くすることができます。

一時期、引っ張り癖がひどかったときは、むぎちゃんはハーネスを積極的に装着していました。ハーネスを装着すると、不思議なことに、あまり引っ張らなくなったからです。

あくまでも対症療法的な扱いでしたが、先ほど書いたように目が充血してしまうことがあったので、とりあえずのハーネス着用でした。

ハーネスのデメリット

ハーネスは、首輪と比べるとしつけ効果は高くありません。力が分散されるだけ、飼い主側からのコマンドが伝わりにくいからです。なので、根本的に引っ張り癖などを解消したい場合は、ハーネスよりも首輪のほうがやりやすいでしょう。

ダブルリードで散歩する方も

一度、合ったことがあるのですが、ダブルリードの方もいます。ハーネスと首輪の両方にリードをつけることで、お散歩時に首輪やハーネスが抜けてしまうのを防ぐことができます。

正確に説明すると、何かの拍子に万が一片方が抜けてしまったり、リードを離したりしても、もう片方がつながっているので、逃げ出してしまうリスクを減らすことができるようになります。

たぶん、ここまでやれば、かなり安心なのでしょうが、個人的にはここまでは実践できていない状況です。

むぎちゃんは使い分け

むぎちゃんは、首輪でも散歩しますし、ハーネスでも散歩します。なので、普段は首輪をつけっぱなしで、ハーネスの時にも首輪が付いている状態です。

引っ張ってしまう状況になってしまいそうな場合や、ハーネスでおしゃれしたい場合はハーネスを、それ以外の時には手軽に首輪でって感じです。

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノう

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コーギーむぎちゃんしつけ記録~首輪とハーネスどちらがいいのか?~

Pocket

ワンコのおしゃれでもあり、散歩のための必需品といえば、首輪やハーネスです。外で散歩しているワンコたちを見ていると、実に多種多様であり、どっちがいいのかよくわかないです。それぞれに、メリットやデメリットがあるので、目的に合わせて選んでいきたいです。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

結論としてはどちらでもいい

首輪とハーネス、どちらの方が優れているのか、結論としてはどっちもメリットがあり、デメリットがあります。なので、どっちでもいいです。

自分のワンコの性質やしつけの状況はどうなっているので、どっちのメリットを享受したいのかで大きく変わってきます。愛犬のことを理解していることが一番重要ともいえますよね。

しつけの段階で引っ張り癖があった場合、首輪のほうがコントロールしやすい、ハーネスのほうがコントロールしやすいなど、犬の性格も大きく影響します。

一般的な、それぞれのメリットやデメリットを覚えておくと、選ぶ際の参考にすることができるでしょう。

首輪のメリット

首輪のメリットは、手軽さといつでも装着しておけるということです。基本的に首輪は常時装着をしている東方が多いです。そうしておくことで、お散歩のときに、リードをさっとつけるだけですぐにお散歩に出かけることができます。

また、犬鑑札や迷子札などを首輪に着けておけば、万が一の時でも連絡先を確認してもらえることができるでしょう。室内飼いだから、普段は迷子になることはないと思っている方も要注意です。

玄関が開いていて、ちょっとしたすきを見て外に出てしまった、ドッグランの出入り口から出てしまったなどによって迷子になってしまうケースが意外に多いです。

僕の知り合いでも、自宅から脱走してしまい、数日間迷子になってしまった事故が何件かあります。

首輪に連絡先が付いていれば、運よく保護された場合に、相手先から連絡をしてもらえる可能性があるでしょう。それだけ、早く見つかる手立てとなります。

また、お散歩のしつけ面でもメリットがあります。首輪だと飼い主のコントロールが必要な場合に、しっかりと伝えることができます。引っ張り癖を解消するためのしつけを重点的にしたい場合にもおすすめです。

首輪のデメリット

首は犬にとって弱点の一つなので、首に大きな負担がかかることがあるということです。しっかりしつけができており、引っ張り癖がないのであれば、このデメリットは生じません。

ですが、どうしても引っ張り癖を解消できない場合、引っ張られることによって首が圧迫されてしまいます。

むぎちゃんも、引っ張り癖がひどかった場合は、散歩後に白目部分が充血していたことがあったので、首だけではなく目にもよくないと考えられます。

首輪のデメリットで、すっぽ抜けることがあるといわれることがありますが、個人的には適切に装着していれば、そうそう抜けることはないはずです。ハーネスでも、装着が緩いと抜けてしまうので、これはどちらにも該当することでしょう。

ハーネスのメリット

ハーネスは胴体に通すので、引っ張り癖があったとしても、犬への負担は軽いものとなるでしょう。また、老犬やヘルニアを患っているワンコなども、専用のハーネスを装着することで、散歩時の負担を軽くすることができます。

一時期、引っ張り癖がひどかったときは、むぎちゃんはハーネスを積極的に装着していました。ハーネスを装着すると、不思議なことに、あまり引っ張らなくなったからです。

あくまでも対症療法的な扱いでしたが、先ほど書いたように目が充血してしまうことがあったので、とりあえずのハーネス着用でした。

ハーネスのデメリット

ハーネスは、首輪と比べるとしつけ効果は高くありません。力が分散されるだけ、飼い主側からのコマンドが伝わりにくいからです。なので、根本的に引っ張り癖などを解消したい場合は、ハーネスよりも首輪のほうがやりやすいでしょう。

ダブルリードで散歩する方も

一度、合ったことがあるのですが、ダブルリードの方もいます。ハーネスと首輪の両方にリードをつけることで、お散歩時に首輪やハーネスが抜けてしまうのを防ぐことができます。

正確に説明すると、何かの拍子に万が一片方が抜けてしまったり、リードを離したりしても、もう片方がつながっているので、逃げ出してしまうリスクを減らすことができるようになります。

たぶん、ここまでやれば、かなり安心なのでしょうが、個人的にはここまでは実践できていない状況です。

むぎちゃんは使い分け

むぎちゃんは、首輪でも散歩しますし、ハーネスでも散歩します。なので、普段は首輪をつけっぱなしで、ハーネスの時にも首輪が付いている状態です。

引っ張ってしまう状況になってしまいそうな場合や、ハーネスでおしゃれしたい場合はハーネスを、それ以外の時には手軽に首輪でって感じです。

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノう

 

スポンサードリンク