コーギーむぎちゃんしつけ記録~食べ物の好き嫌いはある?~

Pocket

どんなワンコにあるわけでもありませんが、時々聞くのが、「犬の好き嫌いが多くて困っている」という話です。場合によっては、ドッグフードを全く食べてくれず、おやつのようなものばかり食べる、人間が食べる白米などしか食べないなどの犬もいるようです。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

幸いにもむぎちゃんに好きはあれども嫌いなし

幸いにもですが、むぎちゃんには好きな食べ物はたくさんありますが、今のところ嫌いな食べ物はありません。あまり得意ではないのかな?ってやつはありますが…。

好きな食べ物はもちろんお魚!定期的に与えているのもあるので、実際のところはお肉のほうがもっと好きなのかもしれません。

あまり得意でないのは、もしかしたらリンゴ?どこかでワンコ用のヨーグルトの中に刻んだリンゴが入っていた時、リンゴだけ食べないことがありました。

でも、自宅でリンゴやナシを食べているのを見ているので、もしかするとあまり細かなサイズになっていると食べにくいので好きではないのかもしれません。

とはいえ、おやつ的な存在であるリンゴが万が一苦手だったとしても、あまり問題はないかと。フードの中にリンゴが入ってることありますし…、大き目のリンゴならシャクシャク食べますし。比較的何でも食べてくれるのは、飼い主として嬉しい限りです。

そもそも、頻繁におやつやお魚を上げているわけではありません。基本的には、ドッグフードがメインであり、ご褒美もフードを1粒ずつ挙げています。それ以外は、たまにフルーツや野菜、魚、歯磨きガムなどを与えています。

そういえば、最近ひまちーあげてないな…。

好き嫌いは愛犬の責任ではない

愛犬の好き嫌い、というか偏食で困ってしまうのは、メインであるドッグフードを食べない場合です。

多くの場合、最初からドッグフードを食べないのではなく、ある時から急に食べなくなったというケースが多いです。そのような場合は、愛犬に問題があるのではなく、飼い主のほうに問題があるケースが多いことも。

普段から、犬が欲しがるから、犬が喜ぶからといって、おやつばかりを上げている、人間の食事を与えているというような状態になってると、徐々に犬はドッグフードを食べなくなってしまいます。

ドッグフードを食べないからといって、おなかを減るのがかわいそうとほかのものを与えてしまうと、さらに偏食に拍車がかかってしまうでしょう。好き嫌いをなくすためには、飼い主側の意識も改革する必要があります。

ドッグフードを食べない場合のリスク

ドッグフードを食べなくても、おやつや人の食事を食べるなら問題ないのでは?と思いがちですが、やはり犬のメインの食事はドッグフードを基本として考えておいて法が良いです。

ドッグフードにもさまざまな種類があるので、詳しい内容はまた別のと所で話しますが、ドッグフードは犬が健康的な生活をするために作られているものです。

そのため、毎日の生活に必要な栄養素が十分に含まれています。しかし、これを食べずに、おやつや人間の食事ばかりを食べてしまうと、栄養に偏りができてしまう恐れがあります。

栄養に偏りがあると、必要な栄養が足りずに体調を崩してしまう可能性も。 また、与えるおやつなどの内容によっては、肥満になってしまう可能性があるでしょう。

もちろん、ドッグフードを与えなくても、ワンコに必要とする栄養バランスをしっかりと考えて調理をして与えていれば、何の問題もありません。しかし、現実として、毎日栄養バランスの整った食事を作り続けるのは大変なことであり、断念してしまうことも多いです。

それであれば、数あるドッグフードの中から、厳選して与えるほうが、よほど現実的ともいえるでしょう。

偏食を改善するための方法

愛犬の偏食をなくすための一番重要なポイントは、飼い主が負けないことです。ほかのものを食べたがるワンコの目に惑わされないようにすることが一番大変かと思います。

まずは、犬に対して、「食べられるものはこれしかない」ということを認識させる必要があります。また、食べないからといって、いつまでもフードを置いておくのではなく、もしたべなかったとしても、30分ほど時間がたったら、お皿ごと回収するようにしましょう。それ以降何も与える必要はありません。

そして、次の食事の時間になったら、再度同じようにフードを用意してあげて、30分待機します。この時に食べなかったら再び回収しましょう。その間、ワンコは何か食べたそうな目を向けると思いますが、あげてしまってはトレーニングの意味がありません。心を鬼にして我慢させましょう。

1日、もしくは2日続けると、犬は空腹感を強く感じるようになるので、ほかに食べるものがないか物色し始めるようになります。この状態になっても与える必要がありません。健康な犬が飢餓状態になった場合、好き嫌いを気にせず、目の前のフードをおとなしく食べるようになります。

フードを食べれば、褒めてあげて、皿を回収してしまいましょう。30分で回収するのは、食事とそうでない時間にしっかりとメリハリをつけるためです。フード皿がいつまでもあると、食事に対しての認識が薄れてしまうので、しっかりと食事の時間とそうでない時間を明確にしてあげる必要があります。

繰り返しトレーニングを続けていくと、ワンコは偏食をせずにドッグフードを食べるようになるでしょう。

基本的に1~2日ご飯を食べなかったとしても、犬が体調を崩してしまうことはありません。ただ、3日目になっても、目の前のご飯を食べようとしない場合は、何かしら体調面での問題があり食べようとしない可能性があるので、ほかの対処法を検討する必要があります。

どうしても食べてくれない場合は?

どうしても食べてくれない場合は、ドッグフードを見直すことをやってみてもいいかもしれません。

一言でドッグフードといっても、さまざまな種類のものがあります。肉ベースや魚ベースなど、特徴も異なるので、試してみてもいいでしょう。ただし、アレルギーを持っているワンコの場合は、購入前に成分などをしっかりと確認しておく必要があります。

また、ドッグフードを変えなくても、ドッグフードにかけるためのふりかけなどのトッピングもあります。栄養バランスが崩れないように定期的にトッピングをしてあげて、食べさせるという方法もあるでしょう。

何でも食べてくれるのはありがたいこと 

好き嫌いのあるワンコの矯正は、飼い主自身もつらいものがあります。また、実際に悩んでいる人を見ると、フードを食べてくれないのは大変さが伝わってきます。

そう考えると、多少食い意地が張ってようが、何でも食べてくれるむぎちゃんは、ありがたいなと感じてしまうのです。

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノう

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA