小さくても尻尾でアピールするコーギーむぎちゃん

Pocket

 

こんにちはヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

これはいつもと趣向の違うブログです(・Д・`)

むぎちゃんの生態について独り言を書いてます (/・ω・)/

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

普段はあまりしっぽに気が付かない

さて、コーギーには尻尾のあるコーギーと断尾された尻尾の無いコーギーがいます。むぎちゃんは、生まれた段階で断尾に向けて処理が進められていましたので、初めて会った時点で、もうしっぽが取れかけの状態でした。

むぎちゃんのところのブリーダーさんは、断尾をするブリーダーさんでした。日本ではまだまだ、断尾するほうが多いですよね。そのため、尻尾ありの状態でお迎えしたい場合は、生まれる前からお願いしておかなければならないケースが多いです。

断尾については、欧州では禁止になっています。倫理観やらなにやらありますが、むぎちゃんは出会った当時から尻尾がなかったので、いまさらどうのこうのいうつもりはなく、僕はただむぎちゃんを愛でるだけです( *´艸`)

尻尾なしでも尻尾ありでも現在の飼い主さんに愛されているのであれば、どちらも幸せなコーギーかと思います。そしてどちらもかわいいです( *´艸`)

普段生活している時は、尻尾の存在はあまりわかりません。ただ、手術で切らない方法の場合、尻尾の骨が少しだけ残ることがあります。

むぎちゃんのブリーダーさんの場合、意志をもって少し残っているようにしていたみたいでした。

なのでむぎちゃんは、ほんの少し尻尾があります。個人的にはそのポッチのような尻尾が軽快に動くのが大好きです。

楽しいことがある場合はしっぽがたつ

むぎちゃんは、一般的な尻尾のあるワンコと同様に、楽しいことがあると尻尾がたちます。

今この写真はめっちゃ楽しんでいます。たぶんクンクン祭りなのでしょう。

飼い主的には、そんなに匂いをかがなくてもいいのでは?と思いますが、やめようとしません。

こうしてみると、けっこう尻尾ってわかりますよね。むぎちゃんは割と表情に出るほうだと思いますが、やっぱりしっぽがあると感情がよくわかるような気がします。

嬉しいときは一応ピョコピョコする

こんな尻尾でもちゃんと神経が通っているので、楽しいと立ち上がりますし、うれしいとピョコピョコ動きます。

長い尻尾を振っていると、そんなに気にしないのですが、短い尻尾がピョコピョコ動いていると、いつもなぜか笑ってしまいます。

なんか子供用のおもちゃのような感覚でしょうか?とにかく面白いです。

仕事から帰ってきたときのお迎え時によく見られます。あとは、ボール投げでじらしている時ですかね・・・・。

あ、でも仕事からけってきたときは、尻尾ピョコピョコ以上に耳が折りたたまれすぎて、坊主頭みたいになっている方が面白いかも。どちらにせよ帰ってきて喜んでくれるのは嬉しいものですね。

注目しないと気が付かないけど

当たり前だから普段はしっぽがたっていないから気が付かないけど、散歩をしたり、遊んでいたりすると、ふと尻尾がたっているのをみて、「あ~そういえばあったな」と感じます。

こうしてみるとやっぱり散歩は好きなんですね。たまに歩かなくなる時があるけど…コギスト?いったい何のストライキでしょうか?

お魚が欲しいのでしょうか。

むぎちゃんのポッチな尻尾はある意味個性として、家族を和ませてくれています。((´∀`*))

むぎちゃんブログを読むときは、尻尾がどうなっているかも見てみてはいかがでしょうか。

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

むぎちゃんのために1日1回を押していただけると嬉しいですヽ(*´∇`)ノう

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA